Sub-Menu: メニューへ 本文を読む 釣鐘理論へ
::


ひ  と  り  ご  と



・プロフィールのとおり、私はどう逆立ちしてもエリートではありません。
パフォーマンスとかセンスの良さ、見栄えなどとは縁遠いかもしれません。
しかしながら、エリートに分からない痛みが分かります。
「ボケ」るくらいの余裕がより良い治療効果を生むと信じています。

少しでも疑問がありましたら、いつでもご相談ください。

いつまでも飛べると思っていました。
気がついたら怪我をするという繰り返しでした。
ブレーキの利かない車ほど怖いものはありません。
アクセルにはブレーキ、筋肉の酷使には拮抗筋と関節の安定が不可欠。
日常の運動(持久力)には、筋力アップの運動(瞬発力)も必要でした。
リラックスした環境の中で有酸素運動が出来ていたでしょうか。

それらを阻害している要素を調べますので、一度お話を聞かせてください。
怪我のない運動(緊張しない自然体)をずっと考えたいと思っています。

例えば、内臓の不調等もバランスの異常から無酸素状態になっているのかもしれません。
カイロで身体活動を活発化し有酸素運動が可能な身体環境を作りましょう。

 香寺カイロプラクティック
  担 当: 半澤 孝志