Sub-Menu: メニューへ 下を読む 栄養についてへ ::


予約・受付に際して


「カイロが何に効くのか」

身体活動には、体性内臓反射(行動からのストレスが内臓に反射的に影響する)と
内臓体性反射(内臓のストレスが反射的に身体活動に出てくる)の一面があります。
後者の内臓が衰弱・病気になった場合は、医師の診断が不可欠になりますが、
前者の身体活動から影響される障害には、カイロがお役に立てると考えています。
症状が悪化して不安になる前に、身体のストレスを取ってみてはいかがでしょうか。

水は流れないと腐ってくると言われています。
身体活動において流れとは、、、血液、リンパ、神経、骨髄液、気の流れ等です。
(高級エステなどでリンパマッサージ、リラクゼーションなど癒しのテーマです)
それゆえに昔からマッサージ、指圧、お灸など血流改善の療法がありました。
神経エネルギーの流れを改善するものには鍼麻酔の療法があります。
神経からすべての流れを改善するものとしてカイロが出てきたのかもしれません。
近年、イメージトレーニングとして神経生理学的訓練法が色々提案されています。
お母さんが「痛いの痛いの飛んでいけ〜」とさすっただけで痛みが取れた経験です。
カイロは、徐霊など、気持ち、精神的なイメージをいたずらに治療するものではなく
物理的な関節運動など身体活動のストレスを取り除きます。
ストレスを取って気持ちのエネルギーを充実させ腐らないようにしたいものです。

但し、人間はそんなにヤワではありません。かばい合いしながら生活が出来ます。
寝ることで回復して、風呂に入って疲れを取る練習をしているのです。
かばい合い出来なくなるまでの時間が、常日頃の不摂生や体力低下なのです。
身体に余裕があれば、どんな環境にも適応できますし精神も充実するでしょう。
来院するだけで安心と余裕が湧き出てくるカイロ院を目指しています。
下を見る


施 術 の 流 れ


 1.受付(5分)  受付票を記入していただきます
トピックス欄参照 来院の記録(PDF) 脊椎検査メモ(PDF)
初めての方は5分くらい前においでください。
 2.問診(5分)  障害の原因を追求します。無礼な質問をご容赦ください。

「黙って揉んでくれたらいいんや」と、怒られる方も稀に。
 3.検査(5分)  障害部位の特定と治療方針を確認します。
医師の診断を先に御願いすることもあります。
特に初めての方は、必要に応じて検査時間が異なります。
 4.説明  身体状況を確認できたレベルで説明します。     下へ

同意されない方は、施術はしません。発言して下さい。
 5.施術(15分)  カイロで背骨・骨盤などのバランス調整を行います。

活動を維持できない状態での無理は、障害を起こします。
関節の調整運動をします。力を抜くと痛みが少ないです。
 6.確認(5分)  施術部位をクールダウンさせて回復の度合いを確認します。


 7.調整(5分)  障害部位を保持する場合は、テーピング等追加調整します。


 8.再診検討  カイロ的なことで小賢しいことを言いますが、ご容赦ください。

医師でも、マッサージ師でもありません。
世界的な流れは、カイロと医師の連携・両立が図られています。
カイロを通して出来るだけお役に立ちたいと思っています。

()内の数字は、あくまでも目安の時間です。余裕を見て御来院ください。

上に戻る